我が家の庭ツアー

リューカデンドロン レッドデビルを地植えで1年育てた!夏越し・冬越しのポイントをご紹介!

赤い苞葉が美しいリュカデンドロン レッドデビル 暖地では地植えで栽培可能と購入先で聞いたので、わが家では庭に地植えして育ててみました。 育て方を調べると霜には弱いとありましたが、あることをすることで夏越し・冬越しを無事に…

低木

リューカデンドロンの特徴や育て方のコツ!枯らさないポイントも!

  • 太さ=6mm × 長さ=12mm
  • ねじ部= 2種B0形
  • 商品画像の注意)代表サイズの画像です。 刻印や、ねじ部・ピッチなど各部の長さはサイズによって異なります。
  • 注意)サイズなどは、必ず図面をご確認ください。

商品の説明

サイズ:M6×12

■頭部形状 : トラス (+)

    十字穴付きの、トラス頭 です。
    トラス頭は、緩やかな丸い形状で、なべ頭と比較して頭部の高さが低く、頭部の径が大きくなっています。
    ■ねじ部形状 : 2種B0形
      ねじ部先端の2~2.5山分がテーパーになっており、少しだけ絞ってあります。
      ピッチはタッピングの中では2番目に粗くなっています。
      主に薄鋼板及び厚板(5mm以下)、非金属、樹脂、硬質ゴムに適していると言われています。
      ■材質 : 鉄
        「鉄」 とは 「鋼」 であり、炭素を含んだ鉄の合金です。
        一般的に多く流通していて、安価な材質ですが、錆びやすいという欠点があるため、多くは表面処理により腐食を抑えます。
        ■表面処理 : 生地
          表面処理/メッキは、何も施していない状態です。
          そのため、耐食性や見た目は、材質そのものの特性および色合いとなります。

          リューカデンドロンを ご存知でしょうか? リューカデンドロンは近年ガーデナーの間で人気急上昇中の植物で、最近では苗も多く出回るようになってきました。わが家の庭でも現在3種類のリューカデンドロンを地植えで育てています。 ま…

          ガーデニング

          ベラボンとは?メリット・デメリットや植え方も紹介!土を使わないで観葉植物を育てられる救世主!

          この記事では、土を使わないで室内で観葉植物を育てようと思った時の救世主「ベラボン」のメリットやデメリットや植え方についてご紹介します。 おうち時間が増えたことで、お庭だけでなく室内でも観葉植物やグリーンを楽しみたい。とい…

          ガーデンDIY・ガーデングッズ

          KINTO おしゃれなプラントポット(プランター)を使ってみた!メリットとデメリットもご紹介!

          お庭だけでなく室内で観葉植物を育て、部屋でもグリーンを楽しみたいという方が増えています。私もその一人でしたが、室内犬を飼っているため置き場所が限られているので諦めていました。 そんな時にネットで見つけたのが「KINTO(…